オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
情報共有・社内SNSに必須の機械の基盤

グループウェア活用の現状

グループウェア活用による社内での情報共有が進んでいます。クラウドコンピューティングを使って、資料やデータ、メール、スケジュール、会議などをグループごとに一元管理し、グループ内での情報を常にオープンにしつつもホストコンピューターで情報を管理することによって各情報端末から情報が漏れるのを防ぐ効果もあります。

こうしたグループウェアを大規模に活用して全社員を対象とした社内SNSを構築した企業も出現しています。

グループウェアのメリットは、企業などの組織内における情報共有を効率的に行えるという点にあります。グループウェアでは、企業などの組織内で活用しているコンピューターネットワークを利用する事により、ネットワークユーザーの保有する情報の即時共有化や、スケジュールの共有化が可能となります。

情報の共有化が進む事により、組織内のコミュニケーションが円滑に行われ、情報の非対称性から生じる機会ロスを抑制する事が出来るという利点があります。

情報共有・社内SNSに必須のドライブ

社内SNSで在宅勤務

社内SNSは多種多様な利用法があります。通常の利用だとスケジュールや進行中の企画、会議の議事録など情報共有で利用され、出張先や外出先などでも確認できるので広まっています。

最近では、在宅勤務に利用されている事もあり、直接会社に出勤しなくても会議に参加出来たり、データを送るだけで済んだりできるので今後、子供を持つ女性の社会進出にもしやすくなるので注目されています。今まで以上のSNS自体の機能の進化も進んでいます。

グループウェアとは会社内部で構築された無線LANを利用して、情報共有を実現するソフトの総称です。

グループウェアの具体的な機能として、社員間の連絡を可能にする電子メール、社員同士で議論を行うためのバーチャル会議室といった社内SNS機能を挙げられます。

ソフトによっては、スケジュールを共有する機能やテレビ電話機能も付いています。

かつてはソフトウェアをインストールすることで利用できるタイプがほとんどでしたが、ネット環境の充実に伴い、クラウド型と呼ばれる初期導入費用が掛からないグループウェアが主流になりつつあります。

情報共有・社内SNSに必須のハードディスクドライブ

情報共有の有効性

社内SNSとは、会社内の人間との連絡やコミュニケーションを、リアルタイムで共有できるツールのことを指しています。

一人一人に個別に連絡が届くメールに対し、SNSは一度記事を投稿すれば、SNSメンバー全員に情報共有することが可能です。

社内SNSで情報が共有できるメリットとして、社内のプロジェクトの進捗状況や、社員一人一人のスケジュールの把握を社員全員ができるということが挙げられます。

また、情報の発信がしやすいので、アドバイスやアイデアの投稿もしやすく、社内全体のモチベーションの向上や仕事の効率化にも繋がります。

社内SNSの種類は、枠組みの大きなものから並べると全社規模のSNS、部門規模、グループ規模、プロジェクト規模、さらに協力会社との共用のそれに分類されます。

全社規模のSNSは日常の中でのふとした気付きや、ふと感じたこと、また自分では直接かかわっていない製品やサービスに関する雑感や提案、新聞・雑誌などで気になった記事やニュースの共有や意見交換の場として機能します。

また部門、グループ、プロジェクト単位のものは、同じ企業の中とはいえ不特定多数の目に触れたくないプロジェクトの進捗状況やスケジュールの調整などの場として活用できます。